| 超高強度場グループ

詳細ページ

2021.11.6

パワーレーザーDXプラットフォームのWebサイトの公開開始

今年度より開始したパワーレーザーDXプラットフォームのWEBサイトの公開を開始しました.
https://powerlaser.jp

2021.10.30

米国プリンストン大学のグループとのリモート実験を実施

米国プリンストン大学のHantao Ji教授のグループと,激光XII号・LFEXレーザーを使ったリモート実験を実施しました.写真は早朝に行ったブリーフィング後に撮影しました.撮影者のミスで,一緒に実験した前川さんが右側に見切れてしまいました.

2021.10.13

松尾さんの研究成果がPhys. Rev. Lett誌に掲載

松尾さんが博士課程在学中に得た研究成果がPhysical Review Lettersに掲載されました.
強い磁場下においてレイリー・テイラー不安定性の成長率が上昇することを示した成果です.
この上昇は,ハイパワーレーザーで生成されたコロナプラズマ中での熱伝導が非等方になることによって引き起こされます.
この成果の科学的及び社会的意義についてYoutubeで解説していますので,ご覧下さい.

2021.10.12

共同研究の成果がNuclear Fusion誌に掲載

高速点火レーザー核融合のためのターゲットデザインに関する研究成果がNuclear Fusion誌に掲載されました.

2021.9.29

国際共同研究の成果がPhys. Rev. E誌に掲載

国際共同研究の成果が Physical Review E誌に掲載されました.
宇宙空間において磁場が増幅される過程をパワーレーザーを使って再現した成果です.

2021.9.21

森田さんの論文がMRE誌に掲載

森田大樹さんの論文がAIP (American Institute of Physics)が発行するMRE (Matter and Radiation at Extreme)誌に掲載されました.
この論文は,研究の質と関連コミュニティーへのインパクトが評価され,editor’s pickに選ばれています.
この論文の著者は,金コーン内部でのパルス磁場の拡散メカニズムを,第一原理計算で求めた電気抵抗率を使って解析しました.
これは,米国の研究者らとの共同研究の成果です.

2021.9.17

共同研究の成果がAPEX誌に掲載

共同研究の成果がApplied Physics Express誌に掲載されました.

2021.8.20

EX-FUSION社との共同研究開始

当グループ出身で,カルフォルニア大学サンディエゴ校で研究員と活躍された松尾一輝さんがEX-FUSION社を立ち上げました.
8月より,レーザー核融合エネルギーの実現に向けた,EX-FUSION社との共同研究を開始しました.

2021.8.15

宮本修治先生が参加

今年度7月から開始した先端研究基盤共用促進事業(先端研究設備プラットフォームプログラム)に採択された,パワーレーザーDXプラットフォーム事業(幹事:藤岡慎介)を支援頂くため,兵庫県立大学名誉教授の宮本修治先生が,特任教授として我々のグループに参加されました.

2021.8.1

共同研究の成果がPhys. Rev. C誌に掲載

共同研究の成果がPhysical Review C誌に掲載して下さい。